<   2010年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

英語でこれなんて言うの~って言われて、すぐに出てこない”いいまわし”や”ことわざ”ってけっこうあります。

日常で使わないと覚えないし、覚えないと使えない。日々勉強あるのみですね。

てなわけで、今回は"ドンピシャリです!”って英語でなんて言うの???


答えは・・・You're right on the button! (ユーアーライトゥ オン ダ ボトォン)


褒めことば。一説に、ボクシング用語 punch on the button (パンチがあご [button] にバシッと当たること)から。情報・推測などがドンピシャで当たった、という意味。


NHKのゴガクルというメールマガジンからの抜粋です。
さすがNHK、質の高い勉強させてくれますね。

またいいフレーズUpします♪
[PR]
by rikita-tanabota | 2010-11-27 21:53 | English
明日、11月25日はアメリカの感謝祭です。

毎年第4木曜日が感謝祭。アメリカではメジャーな休日で、家族みんなでターキー(七面鳥)を食べる日。

この日は感謝祭用の料理をいっぱい作って、食べて、みんなでわいわいできる日。料理は日本のおせちみたいな感じかな。作るものはだいたいどこの家も同じもの。

私はいつも誰かのおうちに呼ばれて食べていたのですが、ある年は、バイキングスタイルのレストランンに誘われて、サンクスギビングの料理を楽しみました。作るのが面倒くさいとか、家族があんまりいないから手軽にすませたい人など様々な人が利用していました。ターキーは食べると眠くなるらしく、満腹食べてはだら~っとして過ごしていたのを覚えています。

Thanksgiving後にはBlack Fridayと呼ばれるセールがあって毎年それこそクレイジーな買い物バトルを繰り広げています。その名も”黒い金曜日!”この日はクリスマスにむけてのセールをどこの小売店でも行って、朝5時とか6時とかから店を開けます。チラシや宣伝も大きく行い、かなり派手に買い物をする日です。この日を境にクリスマスモードに熱が入るってかんじですね。赤字の店も黒字になるという意味でBlack Fridayというらしいです。

私も何度かこのBlack Fridayに気合をいれて出かけましたが、あまりの人で買い物どころではないというのが本音。人気商品には長蛇の列ができるし・・・
ショッピングモールや電気屋さん、スーパーすべての店でセールをするので、まず最初に、どこで何をゲットするかチラシで決めてから行く順番なんかも考えてましたね(笑)

やはり住んでいないと、そこの行事や風習も忘れるもので、今回感謝祭のあとのセールってなんて言うんだったっけ~って少し考えから、やっと思い出しました・・・汗

余談ですが、クリスマス前の1~2週間は人にゆとりがない。楽しいホリデイ気分満載なんだけど、クリスマスのプレゼントショッピングに疲れた人や、買い物にお金がかかって金欠の人、クリスマスのデコレーションやら支度でバタバタして少しイライラ気味。それが人からじわじわと染み出る時期(笑)

日本もクリスマス、年末といろいろ行事が重なりますが、今年はみなさんどんな年の暮れになるのでしょうね?

写真はBlcak Fridayの長蛇の列
e0205046_9594418.jpg

[PR]
アメリカにいるときよりも、英語の勉強をしている私。

生活しているときは、新しい単語やフレーズを耳にしてもあえて暗記をしたり、メモしたりなんてことはなかったけど、日本では常に英語に触れていないとサビていくかんじ。

使わないと使えなくなるというし、札幌で英語をしゃべるお友達はいないので、クラスでのみ使う。

しかし、先日のクラスで新しい単語、しかも私が常々使いたいと思っていた単語を(でも、知らなかった)生徒さんに教えてもらった(゚ε^)イエイ

その気になる?!単語は・・・

Wholehearted(adj) ホールハァーティッド 

意味は・・・

心からの、誠実な、いちずな、熱心な

と辞書にあります。


この言葉、二つの単語からなっていて分けると意味がわかりやすいです。

WHOLE で(全体の、すべての)、 HEARTで(心)ですよね。

すべての心で=心から

なんとなく想像つきますよね。

いや~、この単語覚えられて嬉しいです♪♪♪

副詞はWholeheartedly ホールハァーティドリー 

今度使ってみちゃおうかな~~↑


また新しい単語・フレーズ見つけたらUPしま~す!


e0205046_23551831.jpg
[PR]
by rikita-tanabota | 2010-11-19 23:55 | English
アメリカと日本の違いはいっぱいありますが、今ビジネス英会話の教材に目を通していて、興味深いことが書いてあったので、書きます。

Social Communication at Resturants-レストランでの社交コミュニケーション


アメリカ人の場合(以下本から抜粋):

勘定を手渡されると、たいていは詳細に検討する。もし間違いがあれば、支払う人が直接ウエイターに指摘する。もし誤ってオーバーした額が請求されれば、皆の見ている前でその調整を行う。これは社会的に許容された行動だと考えられる。


日本人の場合:

レストランで勘定書が渡されたら、支払う人はそれをあまり克明に見ないのが礼儀である。レストランの勘定書を再チェックしたり、請求額に文句をいうのは、不作法だと考えられる。レストランの勘定はたいてい、後日会社が支払うのである。請求額を巡って人前で口論することは不作法である。


これを読んで私も、こういう違いはあるなと再認識しました。慣れてしまうとそれが当たり前のようになってしまいますよね。私も勘定書を頂いたらすぐチェックします…(・ェ・)テヘ 

アメリカはチップ制で、ウエイトレスの対応によってチップの金額も多少変わってくるので(平均は15~20%ですが)請求書をみて計算する癖もついてるのかもしれませんが。

その点日本人は、人前で文句を言ったり、意見するっていう感覚がアメリカ人とは違いますよね。いまでこそ、不愉快になればレストランなどで意見する人もいるでしょうが、逆に不愉快な客ってみられることもありますしね。
周りを気にする日本人。個人の意見を突っ走る?!アメリカ人。どちらがいいかはわかりませんが、こういう違いって結構あると思います。

その事実を受け止めて、良い、悪いで判断というよりは、一つの習慣だと思って流したほうが、より柔軟に物事を吸収できるのではないかなって思います。
e0205046_111441.jpg



*写真はデトロイトの空港にて~Summer 2010
 
[PR]
DVDで映画を観た。

キャサリン・ゼタ=ジョーンズ主演の映画”リバウンド”。面白かったです!

NYに行きたいな~って思いました。離婚をしてNJからNY Cityにでてきたキャサリンが年下の男に恋をする。二人の子供たちと彼の関係とかもかわいらしくて、最後の展開もさわやかで、さらりと観れました。

もちろん英語で聞いて、英語字幕入り。英語字幕が入ると、目でも追って観れるので、英語の勉強にもおすすめです。

時間の大事さ。時間が経つことによって気づくこともあるんだよな~って、再確認させられた映画かな。

e0205046_845356.jpg

[PR]

柿のおいしい時期になってきました。私は柿が大好きで、アメリカにいたときはアジアンスーパーなどでときどき買っていましたが、日本では思いっきり食べられるので、嬉しい限りです♪

年をかさね、りんごや桃にアレルギー反応がでるようになり(シラカバアレルギ-持ち)、昔のように果物を楽しめないので、柿や冬みかんは大好きでもりもり食べてしまいます!!!

柿・・・ところで英語でなんていうのでしょう??

誰かに柿を説明したこともないし・・・hmmmm


調べてみました!

Japanese persimmon か Kaki だそうです。

ジャパニーズ・パーシモン、ふんふん、なるほどね。今日のNew Words.

発音が気に気になる人はここで聴いてください→http://ejje.weblio.jp/content/persimmon


秋の果物、柿、毎日食べるぞ~~~!!!




e0205046_150963.jpg

[PR]
私は2008年から2009年の間にアルゼンチンのブエノスアイレスに住んでいました。

人はすごくフレンドリーだったので、バスや散歩のときなどに交わす挨拶はもちろん、スペイン語ができないのに、良く話しかけられていました。

できないながらも、無理やり会話をしていました。学校に通いたかったのですが、おうちが少し郊外だったため、通うのに時間がかかるのと、その他の事情で通えませんでしたが、1年では自分の思ったことを相手に伝えるのは難しかったですね。相手の言っていることはなんとなくわかるけど、間違っていたときも多々ありましたし・・・汗

アルゼンチンのスペイン語はカステジャーノのと呼ばれて、スペインや中南米で話されているスペイン語ともまた違うらしいです。プエルトリコ人にポジョ(チキン)といったら笑われました。彼らはチキンをポリョと発音するからです。POLLOと書いてポジョかポリョ。私はアルゼンチンでよく買っていたポジョの言い回しのほうがしっくりくるのですが。

楽しい思い出もいっぱいありますが、言葉をしゃべれないことで悲しくなったり、もどかしい気持ちになることはたくさんありました。

日本に帰ってきてからもスペイン語は続けていきたい!ということで、時々英語に交えてスペイン語も発してみたり。

時々NHKのスペイン語の番組をみてみたり。

昨日やってたのはこれ!

¿Cuánto vale? (いくらですか?) クアント ヴァレ

これ一つで買い物はいけるので、私にとってはかなり大事なフレーズ(笑)

アルゼンチンでは、よく、Cuanto esを使っていました。

¿Cuánto vale por noche? (一泊いくらですか?) クアント ヴァレ ポル ノチェ

スペイン語の質問のときは文章の前にクエッションマークが逆さに一つ、文章の最後にもうひとつついています。なんでなのかは知りませんが、知ってる人いたら教えてください。
[PR]
英会話のブログなのに、英語がほとんど書かれていない私のブログ(汗)

お友達からの助言を元に、もう少し英語フレーズを組み込んでUpしていこうと思います!

Thanks Mai Mai! 

では、

[今日の一言]

”どしゃぶりの雨です”  It's raining cats and dogs.

直訳すると猫と犬の雨降りですになりますが、これをどしゃぶりの雨といいます。

よく耳にするフレーズなので、このまま覚えておくと便利です♪

今、札幌もどしゃぶりです・・・ 
[PR]
札幌でもかなり多くの中国人が観光や仕事で札幌にいて、またもや私のコミュニケーション+仕事につなげるための言語に対する心に火をつけました!

最近たまたま知り合った中国人のと~っても話しやすくて、気さくな同年代の女性・札幌在住の方に中国語を教えてもらうことになりました!!! わ~い!

週一で2時間程度の予定です。

スペイン語、韓国語、ロシア語と興味のある言語はたえませんが、このいい機会に中国語を勉強する手はないということで、気合いれてがんばりたいと思います。

ちなみに韓国語はアメリカにいた時、韓国人に韓国人と間違えられるくらい韓国人顔だったみたいで・・・いつも、アジアンスーパーや韓国レストランで、元気に”アンニョハセヨ~”まではいいけど、その後は・・・”い、いや・・・私、違うの・・・じつは日本人なの・・・”って言うのが定番で(汗) 脱日本人?!を目指して韓国語を学びたいと思いました。(←単純)

あと、年配の韓国人の方は、日本人にいい印象がないってこともあって、少しでも仲良くできたらいいな~っていう気持ちもありました。言語、文化、宗教のことなど、その国の人と会って友達になって、初めて理解できる事がいっぱいあると思うので、やっぱり言語を学んで、コミュニケーションがとれることは楽しいことだな~って思います♪
[PR]
最近釣りにはまっている。

といっても、ちかとかわかさぎ(違いがわからない・・・汗)とかの小さいやつ。

いっぱいとれると嬉しい♪あまり、コツはない気がする。忍耐力がない私でも、けっこう釣れるから、調子に乗ってはまっている。

でも、食べるのは家族にまかせている。なぜかとってきた魚に食欲をかんじない・・・なぜだ?

今日は雨が激しくて、途中ひょうも降ってきて、さぶ~い釣りでした。

でも、氷に穴あけて、わかさぎ釣りはしてみたいな~!!!



e0205046_082031.jpg

[PR]